サポーターズコラム

 代表取締役 渡邊勝幸
株式会社つくる仙台 代表取締役
渡邊 勝幸
起業集団株式会社つくる仙台代表取締役。 東北大学大学院情報科学研究科非常勤講師(情報技術経営論)。 起業の専門家として、起業に関する相談を無料で承っています。 http://www.tsukurusendai.com/

値決めは経営─起業家・経営者は自社の製品・サービス価格をどのように決めればよいか

起業のご相談を様々いただいていますが、
集客のお悩みとともに、

初期の段階で難しいのが、

 

「価格決定」

 

の問題です。

自分が提供するサービス・商品が、
いくらならば買ってもらえるのか、
この値段が高いのか安いのか、

起業当初の価格決定は非常に難しいものです。

 

一つのやり方としては、

まず無料でサービス・商品を提供し、
アンケートをとってその平均値で決めるというやり方。

多くの参考意見をもとに、
平均値を価格とするやり方です。

これも一つのやり方であるとは思いますが、
値段が低下する傾向があるでしょうね。

誰しもいいものを安く手に入れたいのですから、
本来の価値あるものを安くほしいと消費者は思います。

京セラの創業者・稲盛さんの言葉に、

 

「値決めは経営」

 

という言葉があります。

 

稲盛さんの著書、『心を高める、経営を伸ばす』には、
次のような一節があります。

────────────────────────────────────
【引用ここから】

値決めにあたっては、市場で競争するのですから、市場価格より若干
安いという価格になるはずです。市場価格より大きく下げて利幅を少
なくして大量に売るのか、それとも市場価格よりあまり下げないで利
幅を多くして少量を売るのか、その価格設定は無段階でいくらでもあ
るはずです。

つまり、量と利幅との積の極大値を求めるわけですが、これには様々
なファクターが入り、簡単に解くことはできないのです。どれほどの
利幅をとったときに、どれだけの量が売れるのかを予想するのは、非
常に難しいのです。この値決めは、経営を大きく左右するだけに、私
はトップが行うべきものと考えています。

そうすると、どの値をとるかということは、トップが持っている哲学
に起因してきます。強引な人は、強引なところで値段を決めるし、気
の弱い人は気の弱いところで値段を決めるのです。

もし値決めによって会社の業績が悪くなるとすれば、それは経営者の
器の問題であり、心の問題であり、経営者の持つ貧困な哲学のなせる
業だと私は思います。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────

 

価格決定は、トップの経営哲学による。

稲盛さんはそう言っています。

 

ある町工場で、
創業半世紀近くになるのですが、
値段を下げたことが一度もない会社があると聞きました。

なぜそんなことができるのか、

 

納期が圧倒的に早いから

 

なのだそうです。

他社に比べて納期が圧倒的に早いので、
顧客はその町工場から買うのだそうです。

値段を下げずに、

値段以上のもので勝負する。

 

経営者は常にこのことを考えておく必要があるのかもしれませんね。

 

 

 

 

稲盛和夫『心を高める、経営を伸ばす─素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫) [文庫] 』
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4569636381/cuccakatsu-22/ref=nosim

 

 

 

起業に関するご相談を無料でお受けいたしております。

こちらからどうぞ。

⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-75.html