サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

社員がミスばかりしてイライラする、そんなあなたへ

社員が暇そうにしている

社員がケアレスミスばかりしていてイライラする

社員が自発的に行動してくれない

 

そんなあなたへ

 

 

 

起業家と日々接していて感じる事の一つが、”創業者が見ている景色と、雇われた従業員が見ている景色の違い”を把握していない人が割といるなって事です。

 

起業家はバンバン行動して、バンバン失敗して、てへぺろでいいんですけど、
社員はそれだと出世が危うくなったり、給料が減ったり、上司やチームへの心象が悪くなることを恐れるものです。

立場が違うのに、”自分の様になってほしい”は通らないですよね。

 

あ、あれもしてなかった。
あ、あれも忘れてた。

それによる社員への場当たり的な指示は社員を疲弊させます。
社員は受け止めるしかないですから。言ってる本人はほとんど気にかけてないんですけど。

 

まぁ、そもそもが”受け止めるしかない”と社員に思わせちゃってる時点でだめなんですけど。

こういうギクシャクを役員や上司は彼らの立場を踏まえ、先を先を考えて動くべきだし、伝えるのが大切だと感じます。

 

指示の前にその指示に突発的作業が入るかもしれない場合は、

その不確定要素もきちんと伝えるべきだと思います。

そしてそれによる責任の所在などもきちんとコミュニケーションをとりましょう。

 

それができる時間がないというのは、役員の逃げではないかと思います。

 

起業家はプレイヤーではなく統率者だし、コンパスです。
※起業始めの方は全部兼任だけども

 

ない時間は作らなければならない。

自分を組織をマネジメントしなければならない。

 

社員と同じ仕事をして、それを自己評価にしてはならないし、

社員と戦うのは違う。

 

社風を作り、ルールではなく文化によってこまごました作業指示を省いたり、社内強化につながらない作業はアウトソースしたり、報告のエスカレーションシステムを構築し、重要度の低い報告は届かないような仕組みによって時間を確保すべきではないかと思います。

 

部下にケアレスミスが多いなら、愚痴るより作業フローを明示・シンプルにしていく努力をするべきでしょう。

そうでなければ、どこかに眠っている伝説の人材を発掘する作業に膨大なコストを払うことになります。

 

 

経営管理がない企業では、役員から降りてくる突発的な思い付き作業で社員は疲弊し、でも趣旨を聞く風通しのいい環境もないため意思疎通ができず、作業の品質は落ち、システムが単純明示されてないがためにケアレスミスが続き、社内の空気はよどむ。

 

そして出世が見込めないことから離職率が上がり、役員は社員の不出来を嘆き新規人材獲得に明け暮れ、採用予算も減ることがない。そして、社員が残していった雑務に忙殺される。

 

そのコストってバカにならなくないですか?

 

”伝える力”は賃金だけではない社員の安心につながり、離職率の低下、社員スキルの向上、社内品質の強化そして顧客満足度の向上につながり、社会への貢献度の向上につながります。

 

一プロダクトを全社一丸となって短期間にスケールさせるか死ぬか、のスタートアップとは考え方が違う。

何年も成長し、継続して社中貢献を成すためには、役員に”決める、伝える”力がなくてはなりません。

 

社員が思うように動いてくれないから会社を離れられない。やりたいことができない。といった声を聴きますが、愚痴っていても始まりません。

 

じゃああなたはどうすべきか、どう組織作りしなければならないのかを考えなければならない。

 

”社員が自発的に考えて動いてくれない”

という言葉の裏側には、あなたが社員をがんじがらめにして縛り付け、委縮させてるのかもしれませんね。

 

”やってごらんよ、○○君、こういう事すごい思いつくもんね。うちの会社も○○になっていきたいし、そういう時に○○君の○○なスキルってとっても大切。これって○○みたいなことに広がるかもね!僕には思いつかないし出来ないことだから、責任はとるから、ぜひやってみて!○○な時ほど○○さんに相談してね。ワクワクしてきた!さすがだね!”

なんて伝える力、大事です。

 

とはいえ、企業の代表はなかなか周りから指摘してもらえる機会がないですね。

月15,000円からの顧問では、事業立案やキャッシュポイントの形成の他にも、意外とこういう話も多くしています。

 

 

質問があれば直接メッセージまたは僕のFBをフォローください

 

 

大企業で組織マネジメントに関わるには大体会社で10年働く必要がありますが、若い起業家にはなかなかそういう経験ないですし、難しいものですから、顧問先からの相談で多い内容の一つです。

 

 

※僕に興味を持たれたらぜひFBをフォローしてください。質問などのメッセージも受け付けています。

※現在30社の顧問と毎月様々な企業のスポットコンサルをしています。僕に力となれることがあればぜひお知らせください。