サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

起業前後でこんなに違う相談事例の変化【毎日が想定外】

festivoでいろんな人の起業の相談を受けるにつけ、起業前と後では全然質問の内容が違うなーと思ったので羅列してみます。

 

FBに投稿してみたところ、”僕の体験談集ですか?(笑)”なんてコメントもいただきました。同じような失敗傾向があるとしたら、早めに知っておくに越したことはありませんね。それでは参りましょう。これが意外に起業の日常です。

 

 

festivo起業相談アルアル【創業前】

・友人、知人と起業していいかわからない

・自分の強みが良くわかっていないので不安だ

・会社形態はどういうのがいいのかわからない

・どこから資金を引っ張るのが適正かわからない

・どのくらい資金を準備しておくべきなのかわからない

・アイデアの妥当性が正しいのかわからない

・売れるか不安だ

・値段のつけ方がわからない

・先輩が一緒にやろうと言っているが不安だ

・そもそも何から始めていいかわからない

・エンジェルがいるが信じられるか

・親族をどう説得していいかわからない

 

 

創業前はどれも漠然としているのが特徴です。相談というか不安というか。

売れるかどうかや一緒にやる相手の見分け方はスモールスタートすることで回避可能です。

 

起業前にも試せることは意外とたくさんあるものです。イチかバチかでやるべきではない。

イチかバチかではないことがわかれば、親族の説得や仲間集めも随分と楽になります。

 

なのでスポットコンサルなどでは、起業前は”こういうことが起こるよ?”、”こういうの想定していないと思うけど、こうなりがちだよ?”、”〇〇が不安なら起業前でも〇〇からやってみよう”などと具体的に細かくアドバイスしていきます。

 

さて、一方で創業後になるとどうでしょうか。

 

 

festivo起業相談アルアル【創業後売上1億円以下くらい】

・社員がやめる

・採用できない

・広告を打ったのに売れない

・アポが取れない

・アポが取れても買ってくれない

・売れないから、商品の売り方がわからなくなった

・動いても動いてもお金が減るだけ、もう何しても怖い、自分が信じられない

・社員にうまく作業分担できない

・資金が尽きそうだが調達ができない

・契約書で失敗した

・納品したのに入金がない

・事業連携の方法がわからない

・追加の資本施策としてどこに話をすればいいか

・組織として自立して社員が動くためには?

・キャリアをどう設定してあげるといいかわからない

・この新規事業どう思う?

・売っても売ってももうからない

・点のサービスばかりで疲弊している

・事業頭打ちだがこのまま進めるべきか、やめるべきか

・社長として今の働き方でいいのか

・どうすれば気が晴れるのか

・事業を拡大しすぎて固定費が上がる中、ついて行けないと社員がやめる

・DQNな社員がやめてくれない

・社員を入れたが売り上げが上がらない

・株主を引きはがしたい

・提携先を訴えたい

・社員と連絡が取れない

・会社のお金が盗まれた

・一人でやるべきか、組織として拡大していくべきか

・創業前は気が付かなかったが、ただの口だけアイデアマンで役に立たないばかりか、社長に文句を言って和を乱す創業持ち株役員を何とかしたい。

・プログラマーというから雇ったが、プログラマーではなかった

・通帳残高を見るのが怖いんですけど

・投資家から壮絶なピボットを要求されており、それだと起業した意味がない

・投資家が待ってくれない

・役員が抜けたいから高値で株を買い取れと言っている

 

などかなり具体的且つ、問題に直面していてどうすれば?というのが伝わってきます。

起業後は”当たり前のことが当たり前に進むってすごい事なんだ”とか、”働いてお金を得るってすごい事なんだ”とか、”仲間がいてくれるってこんなにもありがたいのか”なんてことに感動する事でしょう・・・

 

コンサルや顧問では、まず学生時代やサラリーマン時代、大企業などとは前提条件が違うことを伝えつつ、全てが自責である事を踏まえてもらった上で、緊急の案件が多いこともあり短期、中期、長期での施策を共に考えていきます。

契約書や資金繰りなどは大体皆さん危機感が薄く、相談が遅いのが僕個人としての悩みの種ですが・・・

 

質問があれば直接メッセージまたは僕のFBをフォローください

 

 

事前に知っておけば数年を短縮できた、無駄にしなくてよかった、なんてこともありますので、よかったら気軽に問い合わせください。

 

 

※僕に興味を持たれたらぜひFBをフォローしてください。質問などのメッセージも受け付けています。

※現在30社の顧問と毎月様々な企業のスポットコンサルをしています。僕に力となれることがあればぜひお知らせください。