サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

【保存版】インフルエンサーじゃない人たちの為のおすすめクラウドファンディング必勝法【経験談】

僕は5年前のクラウドファンディング黎明期から現在に至るまで、直接関わったものでは3つ程、顧問先なども含めると15個ほどのプロジェクトで20万~200万程度のクラウドファンディングによる資金調達を行ってきました。個人的に20個ほどのプロジェクトにパトロンとして支援もしました。

 

クラウドファンディングによって新しいガジェットを発表出来たり、コワーキングスペースのリフォーム資金を確保出来たり、新サービスの潜在ニーズを知ることができました。その節は大変お世話になりました。

 

クラウドファンディングは、自己資金、融資、出資、社債などに加わる資金調達方法として認知が進んでいますが、インフルエンサーと呼ばれるネットでの発信力のある方々ならばともかく、一般の我々が”誰でも簡単に”資金調達できる・・・というものではないというのが経験してみてわかりました。

 

そこで、これまでの経験やクラウドファンディングプラットフォーム運営者から聞いた情報をもとに、僕ら普通の人々がクラウドファンディングを成功させる必勝法をまとめてみました。

 

前提条件:

・クラウドファンディングは友達や知り合いからの購買が8割~9割
初日から3日間で3割突破しないと大半が目標を達成しない。

クラウドファンディング事業者からのヒアリングによると、上記のような前提条件があるようです。実際僕も肌感としてそのような感想を持っています。”クラウドファンディングサイトに乗せれば自動的にお金が集まる””クラウドファンディングサイトが有名なら目標が達成できる”というものではなさそうです。

 

それらを踏まえた実際の段取りをまとめてみました。


1、購買ターゲットリストの作成・・・事前に購入をしてくれそうな人をリストしましょう。


2、リストに沿ったリターンメニューの作成・・・リストを見ながら、〇〇さんだったらこういうリターンにはお金を払ってくれるのではないか?などと考えつつリターンメニューを作っていきましょう。この時にやってはならないのは、500円などの極端に安いリターンは設定しない事です。極端に安いリターンを設定すると、”応援しといたよー”で集まるリターンはそこに集中してしまいますので・・・


3、購買リスト×リターンメニューの総額の1.2倍~2倍を到達目標に設定・・・リストの中のすべての人がリターンを購入してくれるわけではないので、本来であればもっと低く設定していい数字かもしれません。


4、メディアリストなどを確認・・・クラウドファンディングは目的としてテストマーケティングやPRの役割も担えます。新規性や話題性の高いプロジェクトの場合は、ぜひメディアへの訴求を考えましょう。


5、LPの文章はメディアなどへの露出を意識して作る・・・クラウドファンディングのプロジェクトページは、それがそのままメディアニュースに乗る文章として使えるようなものにするといいでしょう。プロジェクトや商品の特徴、プロジェクト開始の経緯や想いなどをちりばめましょう。


6、LPアップ時に1で作成したターゲットリストへ一人一人メッセージでお願い・・・ラブレターを書くように。二度目はありませんから。


7、初日に50%達成などをネタにメディアへプレス・・・事前にプレスへPRするのもありですが、初速で人気をアピールするのも効果的でしょう。その為に達成金額を調整するのもテクニックの一つかもしれません。


8、メディアなどを巻き込んでバズを生む・・・メディアに公開されバズを生めば、そこから予定の数倍の達成率をたたき出すことも可能です。認知を広めるために、Twitterでパトロンの購買ツイートなどのリツイートなども行い盛り上げていきましょう。

 

9、基本的には泥臭く足で認知活動・・・です・・・意外に皆様この方法です。友達にクラウドファンディング経験者がいるならぜひ体験談を聞いてから始めてみましょう。お金を集めることの大変さ、身に沁みます。

 

クラウドファンディングは失敗してしまうとSEO上ずーっと失敗したプロジェクトが残ってしまうことになりますので、ぜひ事前に入念に準備し、必勝を期してプロジェクトに臨みましょう。

他にもクラウドファンディングと相性のいいプロジェクトや発起人の属性、手数料や内容ベースでどのサイトにアップするといいとか、Twitterを使ったリプライマーケティングとか、リターンの設定とか細かく様々必勝法はあるのですが・・・それは総論では語りにくいので個別に相談してください(笑)

 

番外編:

意外と大変なのが配送や”思ったものが出来ず納期が間に合わない”、”パトロンと連絡が取れない”、”パトロンから「イメージと違う」とクレームが来る”などのクラウドファンディング後の事案です。日本人ほどプロダクトに厳しい人種も稀ですから、プロジェクトで提示したサービスがリリースできるかどうかもよく吟味しましょう・・・

 

 

※僕に興味を持たれたらぜひFBをフォローしてください。質問などのメッセージも受け付けています。

※現在30社の顧問と毎月様々な企業のスポットコンサルをしています。僕に力となれることがあればぜひお知らせください。