サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

同じ言葉で違う景色を見てる?結果を出す起業家になるための心構え数十個、つらつらと並べてみた

毎月30社以上の顧問やスポットコンサル、年間1000人以上の起業支援していると、よく”頑張ってみてはいるんですけれど結果が出ません”という言葉を聞きます。しかし、ヒアリングを重ねるとどうにも違和感があります。”それ全然頑張ってるって言わないですよね・・・”って。

どうやら結果を出す起業家とそうではない起業家は、同じ言葉で違う景色を見ているようです。

そこで今回はFBで投稿したところ多くの反響があった起業家が心がけるべき言葉の認識(期待値)や心構え的なものを羅列してみました。参考になれば幸いです。

質問があれば直接メッセージまたは僕のFBをフォローください

頑張ってるという言葉は、業界トップより頑張ってる時にのみ吐いていい・・・自分なりに頑張ってるというのでは当然勝てません。後発が勝つには”自分なり”の頑張りではいけません。

忙しいという言葉は無価値・・・忙しいといったところでアポが取れるわけでも、みんながプラスのイメージをもって会社の価値が上がるわけでも、目下の仕事が楽になるわけでもありません。ただし、こいつはダメなやつだな、話しかけるのやめようなどと仕事が減るのは確実です。起業家が忙しいという言葉を使う事は機会損失にしかなりません。

情熱があるというのは頭の中の9割がそれで占められているという事・・・ある起業家に聞いてみたときに返ってきた言葉です。その通りだなって思いました。

・作業はすべきではない・・・労働集約は自分の時間がどんどんなくなっていきますし、昨日と全く同じ作業をしていては成長できないばかりか、いずれAIやロボットに仕事を奪われかねません。起業初期は仕方がありませんが、代表には代表にしかできない仕事があります。

・ワークライフバランスではなく、ワークイズライフ・・・結果を出している起業家は仕事と生活の境目があいまいです。好きなことを仕事にしているから、人並み以上に頑張れる。やりたいことは全部仕事にしているから、プライベートの境目も気にしません。

取引先が飛んでも、社員が消えても、騙されても、雨が降っても自分のせい・・・他責にしても物事は動かないばかりか、自身の成長もありません。

失敗は自責、成功はお陰様・・・この考え方でいられれば、支援者はさらに支援者になり、自らは学びを得ていけるのではないでしょうか?

・楽しくないならやめればいい・・・人生は1度しかありません。

・やりたいと思ったらやればいい・・・何も大きくスタートを切る必要はありません。小さく生んで大きく育てましょう。その方法なら多数アドバイスできると思います。ぜひご連絡ください。

・悲観的に構築し、楽観的に行動しよう・・・逆の人が多く見受けられます。

・5分後から予想外、それが挑戦するという事・・・予想外を楽しめる胆力が必要ですね。僕らの脳みそはそこまで優秀ではないですし。

・段取り8割、ビビりで行こう。名将の生き方・・・孫子ではありませんが、歴史の名将は事前準備をとても大切にしますし、ビビって悲観的だからこそ負けません。

・何億持っても自殺する人もいれば、破産しても幸せな人もいる・・・様々な起業家を見てきて本当にそう思います。

お金には色がある・・・誰から得たお金かは、将来に大きな影響を与えます。人をだまして得たお金、非合法のルートから借りたお金は将来に大きな禍根となります。具体的な事例はいくつもありますが、WEBではなかなか公開できません・・・

・金遣いに人格が出る、交友関係が出る

・その人を見るならその周りを見よう・・・その人が信用に足る人物かどうか心配ならば、交友関係を見ることも一つの方法です。”A man is known by the company he keeps.”ですね。

・ビジネスは何をやるかより、誰とやるか・・・事業を進めれば進めるほど、この言葉の深みを知ることができるでしょう。オセロがひっくり返るように、一緒にやる相手を間違えたら一気に局面は変化します。こちらも具体的な事例がいくつもありますがWEBでは(ry

・死別、投獄、大病の経験者は死線を越えているので最強のライバルになりがち・・・失うものがなく、人生への期待値が著しく低いからです。また死を覚悟した経験を持っているからこその行動力があります。

・人持ちになろう、徳を積もう、徳は課税されない・・・そのまんまです。お金はただの兌換物で、その向こうには人がいます。人の社会で人に囲まれることは大切なことではないでしょうか。貨幣経済が整備されるまでは、歴史の偉人は徳を積み上げていました。

・成功者は自分の事を成功しているとは思わない・・・成功していない人ほど、成功者という言葉を使うと感じます。十分に稼いでいる人ほど、「まだまだ先に進みたい、まだ一歩目を歩き始めたにすぎません。」などと言います。欲望が規格外なのかもしれませんね。

・モノの値段より時間と健康を考え始めたら、モノの価値を自分の価値が超えたという事・・・決まっているのはいつか僕らは死ぬし、1日は24時間しかないという事。自分が多くの価値を生み出せるようになればなるほど、自分の時間価値が大切になります。逆に自分の時間を大切に管理している人が周りにいたとしたら、その人の近くを離れないことが大切かも。

・常識はいつかの時代の非常識、前提を疑おう・・・人の3層深く考えれば、人の10倍稼げると思います。3層深くとはどういうことなのか、いつか書いてみてもいいかも。

人と同じ景色を見る時間を減らそう・・・同じ景色を見ると同じ人になります。

・絶対にという言葉は全てうそ・・・世の中に絶対はありません。

棚ぼたは信じない。売り上げは入金まで信じない・・・会社価値数十億のベンチャー役員の言葉です。

・行動していない、経験していない人の助言は無視でOK・・・彼らに何がわかるというのでしょうか。

ゴミをPRしてもゴミ・・・価値の無いものをあの手この手で押し付けられる人の身になればわかるのではないでしょうか?

・ネットではみんなお化粧してる。一次情報を取りに行け・・・ネットでは本当の情報にたどり着けません。PRツールですから。

・力のない人間が集まると事故が起こる確率が上がる・・・烏合の衆は足の引っ張り合いになることもしばしばですし、未熟者が人のためにと思って見つけてきた棚ぼた話が、詐欺師が仕掛けた罠であることも、僕の所にはfestivoを通じていろんな事例が集まっています・・・メンターの存在は大切です。

・社長の名刺ほどありふれた名刺はない・・・一番作りやすい名刺です。

有ったらいいねは無くてもいいね・・・何百いいねがつこうと、売れないものは売れません。若い起業家はまずその現実に直面した時に絶望します。起業した直後はFBなどで大量のいいねやがんばってね!のコメントに溢れますが、人は自分にしか興味がありません。あなたから最も嫌われず、自分を守る方法としていいねや応援コメントをくれているんだと思いましょう。友達はお客様ではありません。

・自らへの称賛はノイズ、お客様の幸せが生命線・・・舞い上がっている場合ではありません。

・ビジネスはお困りごとの解決・・・そのお困りごとが深刻であればあるほど、それを解決することに価値があります。つまり、お金になります。

6回伝えて6割理解・・・人は他人にあまり興味がありません。

・反省有れど後悔は無い日々を・・・人生は1度しかないからこそ

常に変化と成長を・・・生物最大の発明は代謝だと思います。代謝があるからこそ、僕らは適者生存し進化してきました。世の中は弱肉強食ではなく適者生存です。

 

※僕の考え方に興味を持たれたらぜひFBをフォローしてください。質問などのメッセージも受け付けています。

※現在30社の顧問と毎月様々な企業のスポットコンサルをしています。僕に力となれることがあればぜひお知らせください。