サポーターズコラム

  festivoofficial
festivo official
若手起業家コミュfestivoの公式アカウントです。日本に良質な起業家・起業志望者の生態系を、挑戦する若手に新しい武器を、働き方の選択肢を。

クロッシーロードの開発チームが仕掛ける新しいパックマンのゲームアプリ、1周間で500万ダウンロードを記録

皆さんは、かつて大ヒットを記録した人気ゲームアプリ、クロッシーロードを覚えているだろうか。簡単なスクローリングアプションのゲームで、世界中がハマった9000万ダウンロードのアプリだ。

そのクロッシーロードを提供するデベロッパー、Hipster Whaleが新たにリリースしたアプリが、Pac-Man 256である。アーケード版パックマンでステージ256に到達した時、マップの表示崩れやパックマンの動きが止まる等のバグが発生するのだが、そのバグをベースして作られたのがこのゲームだ。

そして、このPac-Man 256もまた大ヒットの予感がしているのだ。Hipster Whaleの創業者であるMatt Hall氏のツイートによると、Pac-Man 256はリリースして一週間で500万ダウンロードを記録したという。

このバンダイナムコゲームスとの共同制作で作ったこのゲームがリリースされたのは8/19のこと。無料で遊べる(一部課金要素あり)このゲームは3000億円のモバイルゲーム市場で存在感を放っていると、マーケットリサーチの会社、Newzooは伝えている。

Hall氏によるとHipster Whaleの前作クロッシーロードが500万ダウンロードに達するまでには2週間かかっており、2014年11月にリリースして現在までに1,000万ダウンロード以上されている。Hall氏はクロッシーロードの初速に時間がかかったのはAndroid版のリリースが遅れたことが起因しているとしている。

同氏は、Hipster Whale社はすべてのアンインストール数を計測しておらず、「長い期間で多くの人がゲームを遊んでいる」という見せ方を行っているとも伝えている。先週のGamesbeatでのインタビューでは、Hall氏はPac-Man256はクロッシーロードのターゲット層と異なると語っている。

「パックマンはクロッシーロードと全然違います。このゲームはクロッシーロードと違い、『万人』に受け入れられない可能性があるのです。我々はかつてパックマンをアーケード版でプレイしたユーザーがノスタルジーを感じるようなゲームを作ったからです。」と同氏。

しかし、1周間で500万ダウンロードはPac-Man256はクロッシーロード級に成長することを予感させる大きな指標になるのではないだろうか。

参考:Pac-Man 256 hits 5M downloads for iOS & Android in its first week

 

 

<PR>プログラミングにウェブデザイン、WordPressにSEO等、
初心者歓迎で受講者1,000人突破、月200人参加。
9種類のfestivo Campシリーズ”働く武器と選択肢を”9,800円~、1時間当たり1,000円以下で