サポーターズコラム

  festivoofficial
festivo official
若手起業家コミュfestivoの公式アカウントです。日本に良質な起業家・起業志望者の生態系を、挑戦する若手に新しい武器を、働き方の選択肢を。

TwitterがVineの新機能、Music on Vineを発表

Twitter社は先日、同社が提供しているVineで、新機能のMusic on Vineを提供し始めることを発表した。Music on VineはiOSとAndroidのユーザーがVineを使って動画を作成するときに、音楽を合わせて作成したり、動画の内容に合わせた音楽を検索して挿入できたりする機能である。

同社のホームページ上には、「音楽はリリース時からいつもVineのカルチャーの一部でした」と記載が追加され、更に「今後、Music on Vineを使えばあなたの大好きな音楽を検索したり、作成する方法を提供します。」とも書かれている。

Vineは2012年にTwitterによって約30億円で買収されており、現在では月間の利用者数が2億人に達すると言われている超人気アプリである。(この2億人の利用者は動画の閲覧者を含んでいると同社のブログで発表されたもの)アプリの内容としては、6秒間の短いループする動画を簡単に作成できるものだ。

ユーザーは今後、新しいFeatured Tracksという箇所で楽曲の検索等を行なうことができ、それを自分のフィードに追加することができる。楽曲が追加されたVine動画はフィード上に表示された時に音符のアイコンが隣に表示され、閲覧者はそれをタップして楽曲の詳細を見ることができる。

Music on Vineの狙いはアーティストにVineの動画をもっとシェアしてもらうための施策であり、今後この機能を通じたバズ効果をTwitter社は見込んでいるようだ。

この新しいMusic on Vine機能は現地時間の金曜日から提供開始であり、現在はiPhoneユーザーに限定した機能となっている。

音楽関連のサービス・機能をTwitter社が提供しようとしたのははじめてではない。過去、2013年の4月にTwitterはTwitter Musicをリリースしており、その時に流行っているトレンドの音楽やユーザーが新たな趣向の発見を手伝う機能が搭載されていた。しかし、このサービスはローンチして12ヶ月で閉鎖している。

Vineのリリース動画はこちら

 

 

<PR>プログラミングにウェブデザイン、WordPressにSEO等、
初心者歓迎で受講者1,000人突破、月200人参加。
9種類のfestivo Campシリーズ”働く武器と選択肢を”9,800円~、1時間当たり1,000円以下で