サポーターズコラム

  festivoofficial
festivo official
若手起業家コミュfestivoの公式アカウントです。日本に良質な起業家・起業志望者の生態系を、挑戦する若手に新しい武器を、働き方の選択肢を。

AppleがMVNO事業に参入し、既存キャリアがやられる可能性が浮上

日本人の約半分がiPhoneを使っており、Appleは携帯電話市場で大きく成功を収めた。 Apple Storeに行けば、すぐに新品のiPhoneを手に入れることができる。 しかし、回線の契約となればまた話は別だ。Appleと直接契約ができればいいのに、未だにau、softbank、docomo等のキャリア、回線業者とインターネット回線の契約をしなければいけない。

アプリ内購入やゲームの課金はAppleに対して支払い、請求書もAppleから来るのに、毎月の携帯電話料金は別の請求書で届く。支払い先を一本化できないし、請求書も増えて面倒…そんな人の悩みも近いうちに終わるかもしれない。

Appleがモバイルのキャリア事業に進出するというのだ。

「Appleに近い情報筋」によると、Appleは今アメリカやヨーロッパの携帯回線業者と、仮想移動体通信事業者(MVNO事業者)をはじめようという話し合いをはじめているとのこと。つまり、既存の携帯電話用の回線を提供する業者から回線の一部を借り、消費者に提供することで通常のキャリアと同じ役割を果たすことができるのだ。

これが実現すると、アプリの課金、通信料、通話料、がすべてAppleへの支払いに一本化される。

まだAppleがどのキャリア、通信事業者と話しているかの詳細は明らかになっていないが、大方の予想ではまずはアメリカの大手キャリアであるAT&TやT-mobileが入ってくるだろう。また、このMVNO構想には時間がかかるとの声もある。あのGoogleも自社キャリアをリリースすると何年も言われてきたが、SprintとT-mobileの回線が使えるMVNO、Project Fiをリリースできたのは最近のことだ。

現状、日本でも海外でもMVNOのほうが既存のキャリアよりもいい条件、料金で回線を提供している。すでにLTE対応をしているiPadで動く、独自のApple SIMを持っている同社だが、今後の動きに注目だ。

参考:http://www.geek.com/apple/apple-wants-to-be-the-mobile-carrier-for-your-iphone-1630080/

 

<PR>プログラミングにウェブデザイン、WordPressにSEO等、
初心者歓迎で受講者1,000人突破、月200人参加。
9種類のfestivo Campシリーズ”働く武器と選択肢を”9,800円~、1時間当たり1,000円以下で