サポーターズコラム

 代表取締役 渡邊勝幸
株式会社つくる仙台 代表取締役
渡邊 勝幸
起業集団株式会社つくる仙台代表取締役。 東北大学大学院情報科学研究科非常勤講師(情報技術経営論)。 起業の専門家として、起業に関する相談を無料で承っています。 http://www.tsukurusendai.com/

イノベーションを生むための三条件とは?

イノベーションとは何か?


イノベーションとは、

全く新しい技術や考え方を取り入れて、
新たな価値を生み出し、
社会に大きな変化を起こすこと

とされています。

経済学者であるシュンペーターはイノベーションを、


経済活動の中で生産手段や資源、労働力などを
それまでとは異なる仕方で新結合すること


と定義しています。


「新しい価値をつくる」

まさにつくる仙台が目的とするところですが、
それでは、このイノベーションを生むために必要な思考法とは何か。

ある意味では起業の三要素でもあるかもしれませんが、
以下の三つにポイントがあるのではないかと私は考えています。



1、走りながら考える

2、まかせる

3、挑戦する意志を育てる



1つ目は、とにかくスピードということです。
正確性よりもスピードを重視し、
物事がまとまってから走り出すのではなく、

走りながら修正し、修正し、して、
物事をつくり上げていく。



2つ目は、スピードに関連しますが、
物事をまかせる必要があるということです。

すべてをトップが細部まで決めなければならないとしたら、
時間がかかって仕方ありません。

もちろん小さな組織のうちはそれでもかまいませんが、
事業を大きくしていく過程では、

必ずしもトップの判断がすべてを左右するのではなく、
大きな枠組みだけをトップが決め、

それぞれの現場、現場に裁量権を与えていくことが
イノベーションを生み出すためには大事です。



3つ目は、挑戦する意欲を大事にするということです。
たとえば現場の若手社員のちいさなアイデアを、
しっかりと摘み取り育てる必要があります。

ともすると、挑戦する意欲は不安と隣り合わせ。
そんなときに挑戦意欲を応援することができたならば、
さらなるアイデアと人材で新しい価値を生み出すことが可能です。

小さな芽を大切にふくらませることが、
イノベーションを生み出す本となります。


新しい価値をつくる、
起業することとほぼ同義ですが、
この三つをぜひ大事に考えてみて下さい。





起業集団つくる仙台

 

(第1234号 平成26年1月30日(木)発行)