サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

僕達起業家は未熟の塊。だからこそ、逃げちゃだめ。人は消えることはできないし、この世界は狭い。

festivoには毎日様々な相談が寄せられます。

それらは、世の中に配信される記事やソーシャル上の投稿の明るさ・キラキラ感とは対照的で、

 

・○○さんと連絡が取れなくなったんですが、知らないですか?

・○○が出社しなくなって、代わりのエンジニア探しています。

・○○は詐欺師ですよ。彼に騙されている人達がいるんですが、救えないでしょうか?

・○○さんに口頭でもらってた条件と全然ちがうんですが、訴えることって出来るんでしょうか?

・○○ができるっていうから雇ったのに、実際できなくて困ってます。

・○○が納期を守らない。電話に出ない。

・○○が支払ってくれない。どうやったら取り立てられますかね?

・○○が情報を他社へ流しているようだ。制裁を加えられないか?

・○○さんはああいっているけど、どう考えても真実味が無い。どう思いますか?

 

などなどの重い話が続きます。

 

起業家には誰でもなれます。大企業のような面接もありません。社会経験がほとんど無くてもなれます。

反面、起業家は事業拡大の為に挑戦し続けなければなりません。

そうであればこそ、日々失敗が積みあがります。

 

・おもってたより全然リソースが足りない。

・考えていたお金では全然回らない。

・知らなかった規制があって事業そのものが運営困難だ。

・やっていてこれほどつらい仕事だとは思わなかった。

 

そのような事態に陥ることは往々にして考えられます。

しかし、この世界はとっても狭い世界です。そこで逃げては噂は千里を走り、もう二度と企業のトップとして事業を運営できないかもしれません。

僕らは未熟だからこそ、謝罪の流儀を学ぶ必要が、失敗に向き合い、お客様・ステークホルダーと向き合う姿勢が大切なのだと思います。

 

・○○様、案件の進捗が遅れそうです。先日お伝えした納期に私の見込み違いがあり、誠に申し訳ありませんが・・・

・○○様、本件私の見積もり違いがありました。信じて依頼いただいたのに誠に申し訳ありません・・・

・先日お伺いした○○が大変失礼いたしました。本件に関しましては・・・

 

悪い話こそ早く迅速に、そして誠心誠意できる限りをもって対応しなければなりません。だけどどうすれば?怖い・・・たぶん許してくれないし、逃げれば忘れてくれるんじゃないか・・・僕のせいじゃない・・・いろんな思いが去来しますよね。

このような時、自分に諫言をくれる人達の存在、メンターの存在がとても大切だなと感じます。festivoはそのような人達との出会いや、謝罪の流儀を学ぶコミュニティにもなれたらなと思います。

逃げずに向き合う姿勢は、(それを決して期待するものではないですが)信頼につながる道で、謝り方の姿勢一つで、ピンチはチャンスにも変わると僕は思います。