サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

「あなたは起業家?事業家?それともスタートアップ?」〜festivoが考える企業ステージの定義と必要なリソースについて〜

festivoは若手起業家のコミュニティとして、次世代をになう若手に様々なリソースを提供し、停滞する日本経済に代謝、雇用、起業機会を創出し、日本に活力を与えるインキュベーターである事を理念に活動しています。

「festivoさんって起業家支援されてますよね?」
「創業支援されてますよね?」
「ベンチャー支援されてますよね?」
「若手支援されてますよね?」
「スタートアップ支援されてますよね?」

festivoが規模拡大する過程で、上記のような問いかけを様々頂くようになりましたが、festivoはある程度厳密に起業家・事業家・経営者、そしてスタートアップなどの用語を使い分けています。最近様々な機会でその事をお話ししますので、こちらでもご紹介させて頂きます。起業家の皆様にとっても、自分のフェーズ理解に役立つのではないでしょうか。

我々はこれらの用語を下記のように分類し、認識しています。

起業家【0から1を作るフェーズ】

まだ売れる”商品”がなく手探りな状態。幅広いネットワークやメンター、スキルが必要なフェーズだと考えています。よちよち歩きで、圧倒的に情報やリソースが足りません。どんなリソースが必要で何をすべきかもままならない状態で、様々なインプットが必要な時期だと考えています。festivoでは、コラムなどの情報、Campシリーズ正統派アフィリエイトスクールなどの武器、TERACOYAなどのインプット重視の機会提供を行っています。また、起業家と事業家の中間の層に向けて、複数の顧問も含むアドバイザリー活動を行っています。

 

事業家【1を10にするフェーズ】

様々なインプットやトライアンドエラーの先に、売るものが見つかりスケールするフェーズ。本業に専念する時期で、士業などのサポートや事業連携に効果が出てくるフェーズだと考えています。メンターの一言一言が大きく事業に反映されやすい時期でもあり、投下資本がどのくらいのリターンをもたらすのかも試算しやすいフェーズです。festivoでは、事業連携の機会としてthe circle、事業の後方支援としての事務アシ、事業認知の場としての国内国外にむけてのプレスリリースサービスなどを準備しています。

 

経営者【10が100になるフェーズ】

事業が大きくなり、組織が拡大細分化され、意思疎通や体制管理のコストが見過ごせなくなり、最適化が必要とされ、会計などが効いてくるフェーズ。このレベルで初めて創業者の情熱以外でも企業が動き、経営学が適用可能で、サラリーマンでも代表になれるフェーズだと考えています。

 

スタートアップ【0から10000を作る集団】

我々はスタートアップとは、企業である事すら必要条件ではないと思っています。世の中を変革するアイデアと技術を持ってマーケットに挑み、スケールする事を定めとしています。その為には売上を作る事すら後回しで、エクイティによる外部資本を注入し、普通の何百倍ものスピードでスケールしていく集団だと考えています。

 

我々は主に、この起業家や事業家、そしてそれらを目指す方々に向けてサービスを提供する非営利活動法人です。

 

 

※質問などのメッセージも受け付けています、よかったら僕のFBをフォローしてください。

※現在30社の顧問と毎月様々な企業のスポットコンサルをしています。僕に力となれることがあればぜひお知らせください。