サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

【注目】その人ほんとに成功者?躁うつ病・双極性障害の可能性も疑おう【起業・異業種交流会アルアル】


引用:マンガで分かる心療内科より

 

こちらの記事「マンガで分かる心療内科・精神科in新宿 第42回「躁うつ病・双極性障害って何ですか?」」にあるような方々からの被害がfestivoにも多く寄せられているので、今回記事にしてみます。

この被害の特徴は、”誰も勝者がいない”ところにあります。騙された人は事業を数ヶ月から数年後退させ、時には倒産に追い込まれるほどのダメージを受けますが、加害した本人も病院へ・・・なんて事になります。

 

経営者や起業家が集まる異業種交流会でこういう人を見かけませんか?

・私はこれまで多くの企業を上場に導いてきたコンサルタント(または元経営者・役員)だ。

・社員が数百人いる会社の代表をやっているが、事業が手を離れたので暇している。だからこういうところに来たんです。

・私のコンサル(企業)は完全クローズドで表に出ることはありません。ただし、私はそれで月収が1000万以上あります。

・多くの会社を率いてきましたが、経営に疲れてもう一度ゼロから世の中を見たいと思ったので、今は身を隠してお忍びで外の世界を見に来ているんです。

・あのサイトを作ったのは私ですよ。

 

起業したばかりの起業家や、サラリーマン同士のコミュニケーションになれている起業志望者はこのような話をしてくれる自称”成功者”の雄弁なトークに魅了されがちです。

”この人についていけばお金持ちになれるかも”

”この人のサポートがあれば、事業も軌道に乗せれるかも”

”○億の案件を一緒にしてあげるといわれた!”

 

しかし、数々の就職面接を潜り抜けてきたサラリーマン同士のコミュニケーションとは異なり、起業家とは誰でも名乗れるものです。

 

その話、信じても良いのでしょうか?

 

この前、多くの修羅場を潜り抜けてきた経営者がこういっていました。

「私はタナボタの話、理解できない話には一切乗りません」

僕も賛成です。出会ったばかりのあなたにそんな話を持ちかけてくるその人、本当に成功者ですか?

 

この件は、放言している本人にも”うそを言っている”という自覚が希薄なので、人の良い人物に見えてしまうこともあります。ですが、我々はそこで歩みをとめるわけには行きません。

 

客観的に判断できる実績、これまで作ってきたプロダクト(本人の成果物と確認が取れるもの)はありましたか?

会社は実態がありますか?取引先の人にその人物の事を聞いてみましたか?

Facebookなどに、その人の半年前などの具体的な活動はありますか?

友達がころころ変わっていませんか?

成功者で余裕があるはずなのに多弁で説得口調ではありませんか?

仕事しているところを見たことがありますか?

配偶者や恋人はどのような人ですか?

偽名使ってないか確認しました?

 

・・・なんかおかしいと思ったら、冒頭のリンクにあるような躁うつ病・双極性障害の可能性を疑うべきだと思います。人間不信になる前に。大事な時間を失わない為に。

 

おすすめは、半年くらいは少なくとも交流しつつ様子を見てはいかがかと思います。そのうち、言ってることとの整合性が取れない事案が出てきたり、お金を使い果たしたりしてビジネスの舞台から消えていきますので。

・・・そしてまたしばらくすると界隈を賑わせるのですが

 

 

※質問などのメッセージも受け付けています、よかったら僕のFBをフォローしてください。

※現在30社の顧問と毎月様々な企業のスポットコンサルをしています。僕に力となれることがあればぜひお知らせください。