サポーターズコラム

 代表取締役 渡邊勝幸
株式会社つくる仙台 代表取締役
渡邊 勝幸
起業集団株式会社つくる仙台代表取締役。 東北大学大学院情報科学研究科非常勤講師(情報技術経営論)。 起業の専門家として、起業に関する相談を無料で承っています。 http://www.tsukurusendai.com/

女性起業家の開業が経済活性化のカギを握る─日本政策金融公庫総合研究所調査

つくる仙台でも最近女性起業家のご相談をいただくことが増えています。

仙台を中心に、女性起業家が活躍しているなあと感じますし、
そんな方々は私にはない視点がとても勉強になるので、
お話していても楽しいですね。

日本政策金融公庫の総合研究所で、
女性起業家に関する最新のデータが公開されましたので、

みなさんにシェアしたいと思います。
大変勉強になります。



女性起業家の開業(平成25年12月24日発表)(日本政策金融公庫総合研究所)



【1、事業の概要】

~女性起業家の4人に3人が一般消費者向けの事業を選択~

○開業時の組織形態が「個人経営」だった割合は、女性起業家では61.8%と、男性起業家(54.2%)よりも高い。

○女性起業家の開業業種を見ると、「個人向けサービス業」が25.2%と最も多く、「医療、福祉」(19.2%)、「飲食店、宿泊業」(15.0%)と続く。
一方、男性起業家では「医療、福祉」(13.0%)が最も多く、次いで「建設業」(11.9%)、「事務所向けサービス業」(11.6%)、「小売業」(11.6%)の順となっている。

○「一般消費者」を主な販売先としている割合は、女性起業家は76.5%と、男性起業家(59.0%)よりも高い。なかでも、女性消費者を主な販売先としている割合は、女性起業家(62.3%)のほうが男性起業家(41.7%)よりも高い。


~女性起業家のほうが女性の雇用割合は高い~

○開業時の従業者数をみると、女性起業家では平均3.7人で、男性起業家(同4.2人)よりも少ない。「1人(開業者本人のみ)」で開業する人の割合も29.1%と男性(23.4%)を上回っている。

○調査時点(平均業歴27.9カ月)の従業者数をみると、女性起業家では平均6.0人、男性起業家では平均6.8人と、いずれも開業時よりも増加している。ただし、「1人(開業者本人のみ)」とする女性起業家の割合は24.7%で、依然として4分の1を占めている。

○従業員のうち女性が占める割合をみると、女性起業家が開業時(64.4%)、調査時点(61.8%)ともに男性起業家を10ポイント以上上回っている。



【2、開業者のプロフィール】

~家事・育児を主体的に行っている割合は、女性6割、男性1割~

○女性起業家の開業時の年齢は平均43.7歳と、男性起業家(同41.6歳)よりも高い。

○家族構成をみると、女性起業家では「配偶者あり」(52.5%)や「小学生以下の子どもあり」(23.1%)の割合が男性起業家よりも低い。
「中学生から大学院生までの子どもあり」(22.9%)や「要介護者あり」(6.8%)の割合は、男性起業家と大きく変わらない。

○家事・育児の分担をみると、女性起業家は「自身がすべて行う」が34.0%、「自身がほとんど行う」が26.1%を占め、合わせて6割以上が主体となっていることがわかる。
一方、自身が主体となって家事・育児を行っている男性起業家は、1割程度にとどまる。

○結果として、家事・育児・介護について、女性起業家の11.2%が「大変負担になっている」、39.6%が「多少負担になっている」と感じている。これらの割合は、男性起業家を上回っている。


~男性起業家に比べて斯業経験や管理職経験が少なく、キャリア中断経験は多い~

○女性起業家の最終学歴は、「高校」が29.8%と最も多い。
男性起業家と比べると「専修・各種学校」(27.3%)や「短大」(16.5%)が多く、「大学」(21.3%)が少ない。

○女性起業家の開業直前の職業をみると、男性起業家に比べて「非正社員」(21.3%)や「専業主婦・主夫」(7.8%)の割合が高く、「正社員・職員(管理職)」(26.8%)の割合が低い。

○女性起業家の勤務キャリアをみると、「勤務経験あり」の割合は97.5%で男性起業家(99.3%)とほとんど変わらないものの、「斯業経験(現在の事業に関連する仕事をした経験)あり」(73.9%)や「管理職経験あり」(48.6%)の割合は男性起業家を下回っている。
また、49.4%と半数近くがキャリアの中断を経験している。



【3、開業のプロセス】

~収入が開業動機である割合は、男性起業家よりも少ない~

○女性起業家の開業動機をみると、上位の3項目は、「自由に仕事がしたかった」(47.6%)、「仕事の経験・知識や資格を生かしたかった」(44.8%)、「収入を増やしたかった」(38.5%)となった。
この傾向は男性起業家も同じである。
また、「自分の技術やアイデアを事業化したかった」(31.4%)、「年齢や性別に関係なく仕事がしたかった」(30.1%)、「社会の役に立つ仕事がしたかった」(28.4%)、「時間や気持ちにゆとりが欲しかった」(17.0%)、「趣味や特技を生かしたかった」(12.4%)が、男性起業家よりも多い。

○女性起業家の収入に対する考え方をみると、男性起業家に比べて「家計を維持できるだけの収入があれば十分だ」(51.0%)が多く、「できるだけ多くの収入を得たい」(41.5%)が少ない。

○開業時に「仕事のやりがい」を最も重視したと答えた割合は、女性起業家(70.3%)のほうが男性起業家(66.0%)よりも高い。


~開業費用は男性起業家よりも131万円少ない~

○女性起業家の開業費用は平均983万円で、男性起業家(同1,114万円)よりも131万円少ない。
「500万円未満」の割合も48.2%と男性の42.4%を上回っており、相対的に少額で開業していることがわかる。

○女性起業家の資金調達額は平均1,081万円で、開業費用と同様に男性起業家(同1,234万円)を下回った。
「自己資金」(同270万円)や「金融機関等からの借入」(同618万円)が男性よりも少なかったためである。

○開業までにかかった期間は、女性起業家のほうが短い。
検討期間は男性の平均30.4カ月に対して女性は同23.5カ月、準備期間は男性の平均8.3カ月に対して女性は同7.9カ月となっている。




【4、経営スタイルと開業後の業績】

~女性起業家は、従業員の「仕事と家庭の両立」を重視~

○経営上のパートナー(経営者の右腕)がいる人の割合は、女性起業家では65.6%と男性起業家の57.7%を上回っている。

○女性起業家の1週間の就業時間は平均57.8時間と、男性起業家の同63.6時間よりも短い。
内訳をみても、「60時間以上」が48.3%と男性(58.3%)を下回る一方で、「35時間未満」は9.7%と男性(3.3%)を上回っている。

○従業員の働きやすさを高める取り組みを行っているかを尋ねたところ、「仕事の成果や能力に応じた賃金の提示」が女性起業家(44.7%)、男性起業家(51.7%)ともに最も多かった。それ以外の取り組みをみると、女性は男性に比べて「柔軟な労働時間の設定」(44.1%)や「休暇を取得しやすい雰囲気づくり」(41.6%)、「社内での意見交換の場の設定」(41.0%)などを多く挙げており、仕事と家庭の両立やコミュニケーションの促進に力を入れていることがうかがえる。


~女性起業家の黒字基調割合、開業後4年で男性起業家を上回る~

○採算状況をみると、「黒字基調」の割合は女性起業家が62.3%で、男性起業家の69.7%を下回っている。
ただし、これを時点別に分けてみると、開業当初は女性が男性を下回っているものの、時間の経過に伴いその差は縮まり、開業後48カ月経過時点からは女性が男性を上回る。

○また、女性起業家の採算状況を斯業経験の有無別にみると、「黒字基調」の割合は斯業経験のある人では70.3%に上るのに対し、斯業経験のない人では41.0%と半数を切っている。
男性起業家も同様に斯業経験のない人のほうが斯業経験のある人よりも「黒字基調」の割合は低いものの、その水準は斯業経験のない人でも58.9%と半数を超えている。


~月収は男性起業家よりも約15万円少ない~

○開業者本人の収入について尋ねたところ、女性起業家では月平均29.0万円(現在の事業から25.1万円、それ以外から3.8万円)と、男性起業家の同44.8万円(現在の事業から39.2万円、それ以外から5.6万円)を15万円ほど下回った。
だが、家族を加えた家計の収入では、女性が月平均49.8万円、男性が同57.8万円で、その差は8万円ほどに縮小する。

○属性別に起業家本人の収入(現在の事業から受け取る収入)をみると、斯業経験が収入を押し上げ、キャリア中断が収入を押し下げる傾向に男女の違いはない。
しかし、配偶者がいる人の収入は男性では高く、女性では低くなっており、男女で反対の結果となっている。


~仕事、私生活、能力の発揮について、「満足」が「不満」を上回る~

○現在の収入に対して「満足」と答えた割合(「かなり満足」と「やや満足」の合計)は、女性起業家が27.8%、男性起業家が27.4%で、水準に男女の違いはみられない。
また、男女ともに、「満足」と答えた割合が「不満」と答えた割合(「かなり不満」と「やや不満」の合計)を下回った。

○女性起業家について収入以外の満足度をみると、仕事に対して「満足」と答えた割合は72.2%、私生活に対して「満足」と答えた割合は46.8%、能力の発揮について「満足」と答えた割合は51.9%で、いずれも「不満」と答えた割合を大きく上回っている。
また、仕事と能力の発揮については、「満足」と答えた割合が男性起業家よりもわずかに高くなっている。




【5、課題と支援策】

~家事や育児との両立、相談相手の不足に苦労した人の割合が男性起業家よりも高い~

○女性起業家が開業後に苦労したことをみると、「顧客・販路の開拓」が44.0%と最も多く、「資金繰り、資金調達」(37.9%)、「財務・税務・法務に関する知識の不足」(23.5%)と続く。
また、女性起業家が男性起業家を上回ったのが、「家事や育児、介護等との両立」「経営の相談ができる相手がいないこと」「業界に関する知識の不足」などであった。

○女性起業家をさらに配偶者の有無で分けて比較すると、配偶者がいる人は「財務・税務・法務に関する知識の不足」や「家事や育児、介護等との両立」などを、配偶者がいない人は「経営の相談ができる相手がいないこと」や「業界に関する知識の不足」などを多く挙げる傾向にある。
また、斯業経験の有無で分けてみると、斯業経験のある人は「従業員の確保」や「資金繰り、資金調達」などを、斯業経験のない人は、「顧客・販路の開拓」や「業界に関する知識の不足」などを多く挙げる傾向にある。


~先輩起業家や専門家による助言、保育施設や家事・介護等の支援を挙げる割合が男性起業家よりも高い~

○女性起業家が開業時に合ったらよかったと思った支援策を尋ねたところ、「低金利融資制度や税制面の優遇措置」が39.3%と最も多く、「金融機関による経営指導、事業計画策定支援」(18.0%)、「同じような立場の経営者との交流の場」(16.8%)が続く。
また、女性起業家が男性起業家を上回ったのが、「先輩起業家や専門家による助言・指導」「保育施設や家事・介護支援等のサービス」などであった。

○女性起業家をさらに配偶者の有無で分けて比較すると、配偶者がいる人は「保育施設や家事・介護支援等のサービス」や「経営コンサルタントの紹介」などを、配偶者がいない人は「ビジネスマッチング、展示会等の販路開拓支援」や「同じような立場の経営者との交流の場」などを多く挙げる傾向にある。
また、斯業経験の有無で分けてみると、斯業経験のある人は「経営に関するセミナーや講演会」などを、斯業経験のない人は「仕入先・販売先の紹介」や「経営コンサルタントの紹介」などを多く挙げる傾向にある。



【まとめ】

女性の起業は、女性消費者のニーズや女性雇用の受け皿となっている。

課題は家事・育児負担の重さと勤務キャリアの少なさ。

少額、短期間での開業も、4年後の黒字割合は男性起業家を上回る。

男性起業家に比べて収入は少ないものの、仕事のやりがいや能力の発揮については満足。







最近ではつくる仙台にも、
女性起業家の方の相談が増えてまいりました。

女性ならではの起業スタイルがあるので、
そういったところを大事にしつつも、

相談相手がいないことは起業家にとって
羅針盤なく航海をするようなものですので、

今年は、つくる仙台にたくさんいる専門家を、
こうしたやる気あふれる女性起業家とマッチングできるような機会をどんどん作っていきたいと思います。



コンサルティングのご感想