サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

中国一の富豪になったアリババのジャック・マー(馬雲)氏に起業の持つ可能性を見る

アリババが上場し、中国一の富豪 ジャック・マー氏が誕生しました。

そこでジャック・マー氏の生い立ちを調べてみると、起業という選択肢の持つ可能性を改めて感じます。

若手起業家コミュ festivoは、息の長い、文化とも呼べるような起業風土を日本に作りたいなと思っています。

就職と同じような感じで、起業を考えられるような日本になればいいなと思っています。

就職できなかったから・・・
いい学校に入れなかったから・・・
営業に失敗したから・・・

そんな事で人生に絶望してほしくない。

人生には様々な可能性と選択肢にあふれているはずです。
次世代を担う若者はもっと目をキラキラさせて困難に飛び込み、考え、行動し、自らの人生を謳歌してほしいと思っています。

中国一の富豪となったアリババのジャック・マー氏は中学・高校と進学校ではなく本人も優秀な成績ではなく、2度の大学入学試験を受験したものの、数学の成績は1度目が1点、2度目が31点だったため、大学進学を諦め三輪自動車の運転手となりました。しかし、その後の起業にて現在の地位を手に入れました。(Wikipediaより)


(画像:Wikipediaより)


僕らにはもっと選択肢があっていいのではないかと思います。

festivoでは、日本に情熱の集積地つくり、起業を志す皆様に働く選択肢を、武器を与えていけたらなと思っています。

 

起業には情熱と、様々な知識や、サラリーマン以上に人と人とのつながり、人間性が必要となります。

そういう情報を手に入れられる場所に、我々festivoがなれればと考えています。

 

なかなか手探りで、自分自身も人格者とは程遠い為、皆様からの好意をうまく事業につなげることが出来ず実力不足はなはだしいですが、引き続き精進して参ります。

ご指導いただき、見守って頂ければ幸いです。