サポーターズコラム

 代表取締役 渡邊勝幸
株式会社つくる仙台 代表取締役
渡邊 勝幸
起業集団株式会社つくる仙台代表取締役。 東北大学大学院情報科学研究科非常勤講師(情報技術経営論)。 起業の専門家として、起業に関する相談を無料で承っています。 http://www.tsukurusendai.com/

納得!地方で成功する起業家・経営者の思考法

私は仙台を中心に活動をしていますが、

全国各地で活躍している起業家・経営者の方とも交流があります。

一方で、東京をはじめ世界の大都市で活躍しているビジネスマンも、
同級生を中心に多いですね。


確かに東京を中心とするビジネスは、
何ごとも単価が高く、人も多いので、
大きなビジネスになりやすいものです。

大都市には人が集まり、
志向が非常に多様化しているので、

ターゲットを細分化しても、
つまりマニアックな市場であっても大きな消費者の集団があるものです。


そう考えると、
地方で経営することは厳しいのではないか、

どんどんすたれていく地元で、
ビジネスを立ち上げるのは難しいのではないか、

そう考える方もいらっしゃることでしょう。



しかし、最近お会いし、
見聞きする地方の起業家・経営者は、


地方で経営することの強みに目を向けている


そんな方が多いように感じています。


例えば、
地域のつながりを大事にして、
地元の商工会や商店街、
PTAなど様々な団体を通して社会貢献する、

つまり、
地域活動に積極的に携わり、

しっかりとした人間関係を築いている、
そこから確固たるビジネスを生み出している人が多いですね。



最近では、地域の金融機関においても、
特産品の販路開拓、
観光産業の支援を積極的にやっています。

地域活動が盛んなのは、
大都市ではなかなかみられないことですので、
これは「地方の強み」ですね。


そう考えていくと、


「ライバルが少ない」

「家賃人件費が安い」


などなど、地方で経営をすることの強みはたくさん出てきます。


いま世界のトレンドとしては、
大都市に人口が集中する傾向が強くみられています。

中長期的に見ても、
この流れを変えることはできないでしょう。

だからといって、
人口流出していく地方でビジネスができなくなるかといえばそうではありません。


みんなが大都市へ目を向けビジネスをするのであれば、
逆に地方で、「そこならではの強み」を見つけていく、

そのような発想を転換することができる人ほど、
経営の世界では成功するのでしょう。

 

 

(第1081号 平成25年8月30日(金)発行)