サポーターズコラム

  festivoofficial
festivo official
若手起業家コミュfestivoの公式アカウントです。日本に良質な起業家・起業志望者の生態系を、挑戦する若手に新しい武器を、働き方の選択肢を。

【LAインターン体験レポート】(N.Kさん、男性) -festivo Global Challenge-

前回に続き、LAインターンの体験レポートです!冷静なインターンレポートながら、とても真摯な彼の性格が伝わってくるようです。

 

1.どんな企業でどんな仕事をしましたか?
全米8拠点を持ち、大学付属のハイレベルな英語教育を行う語学研修機関で、一般事務、顧客分析(同社が提供している短期英語研修プログラムの参加者を国別にまとめ、円グラフでそれぞれの国の割合を表す など)の仕事をしました。

2.どんなことを学びましたか?どんなところがよかったですか?

・アメリカ人は、最初に会ったとき必ずアイコンタクトをして握手をすること。
・サウジアラビアでも英語が重視されていて、同社が提供している英語研修プログラムを利用している人数が結構多いこと。
・就業中にも面白い話が絶えない企業もあるということ(仕事はしっかりやっている)。
・自分から積極的に話しかけることがコミュニケーションで大切だということ。
・相手の言っている意味がわからなくて質問しても、まったく問題ないということ。むしろ、喜ばれること。
・アメリカの会社では、上司が帰るまで帰れないみたいな風潮はないということ。実際、一番下っ端な私が一番に帰ったこともあった。
・就業時間がフレキシブルなこと。
・就業中も、ほとんどの部屋のドアが常にあいていることが多くて、出入りしやすい環境になっていること。

以上のようなことを学びました。

3.参加前と参加後の意識の変化はありましたか?(あればどのような変化があったか)
参加前はあまり積極的に質問したり話しかけたりしない性格でしたが、参加後は、少し積極的になりました。また、少し自分に自信がつきました。

4.参加前のイメージと実際の研修内容に相違はありましたか?
従業員の名簿やエントリーシートのようなものを、アルファベット順に並べる作業をやったが、このような仕事をするとは思わなかった。人の名前を覚えたり、アメリカのエントリシートを見ることができていい経験になった。

5.今後研修をうける後輩たちへのアドバイス
短期間の研修だとできることは少ないかもしれませんが、出勤時間よりも早く出勤したり、気になったことはどんどん質問したりすれば、多くのことを学び経験することができます。研修日数は少ないですが、大切なのは自分の学びたいという意欲だと思います。実際に会社で働ける貴重な機会なので、積極的に貪欲に企業研修に臨んでください。

6.感想や将来の目標
短い期間だったが、多くのことを学ぶことができて貴重な経験をすることができた。簡単だと思っていたエクセルでの顧客分析だが、意外とエクセルを使ってデータをグラフに表したりするのは、難しかった。社会人になったら絶対に必要なスキルなので、大学生のうちにマスターしようと思った。

また、研修先の人たちは皆親切で、フレンドリーだったのでコミュニケーションが取りやすかった。とても雰囲気の良い職場だなと感じた。また、仲良くなりたいと思ったら、とにかく相手と話すことが大切だと改めて学ぶことができた。
また、会議にスカイプを使っていたのが私にとって新鮮だった。いい経験をしたと思う。ただ、正直言って何について話しているのか全くわからなかったので、自分のリスニングスキルはまだまだだなと思った。これからは、リスニングの勉強もしっかりしようと思った。
将来の夢はまだ漠然としているが、国際的に活躍する人間になりたいと考えている。また、お金の動きに興味があるので、金融関係にすすもうかと思っている。

N.K

 

festivo Global Challengeはサービスリリース後、日々お問い合わせを頂いていますが、今月末からは新たに”FGC Learning”というものを開始します。海外に興味のある若者に、海外について考える機会を提供したいと思っています。

<PR>