サポーターズコラム

 代表取締役 渡邊勝幸
株式会社つくる仙台 代表取締役
渡邊 勝幸
起業集団株式会社つくる仙台代表取締役。 東北大学大学院情報科学研究科非常勤講師(情報技術経営論)。 起業の専門家として、起業に関する相談を無料で承っています。 http://www.tsukurusendai.com/

起業し、マーケットをとらえ、軌道に乗った会社が次にすること

起業直後は、顧客に対する販売を徹底して頑張りましょう。

営業をどのようにやっていくか、
売り上げをどのように伸ばしていくかが起業直後は重要です。


そしてある程度軌道に乗り、
収支が見合ってくるようになった会社が次にすることは何か?

それは、



商品を増やす



ということです。


以前このメルマガで、

「フロントエンド商品」



「バックエンド商品」

のお話をしましたが、

このちがいを自分のビジネスに生かすことができるかが、
次の段階で売り上げを伸ばす大きな分かれ道となります。

「フロントエンド商品」は、新しい顧客に売る、
つまり初めて自社から買っていただく見込み客に売る商品のことです。

いっぽう、

「バックエンド商品」は、既存の顧客、つまり常連客に売るという商品のことです。

この二つの商品を売る目的は、
同じビジネスであっても全く違うということを頭に入れておきましょう。


「フロントエンド商品」は、新規顧客を獲得するために売る。

「バックエンド商品」は、利益を獲得するために売る。


極端に言えば、フロントエンド商品を売るために損失が出ても、
バックエンド商品で大きな利益が出るのであればかまわない、ということです。


抽象的なお話ですが、
自分のビジネスで言えば、

この商品はどういう位置づけだろうか、
あの商品はどういう位置づけだろうか、
利益率はどうだろうか、

考えてみると面白いかもしれません。


ただ商品を増やすだけではなく、
このような観点を入れながら、
商品を増やしてみるといいのではないでしょうか。

 

 

(第975号 平成25年5月16日(木)発行)

 

起業集団つくる仙台