サポーターズコラム

 代表 鈴木郁斗
㈱メルサ・インターナショナル・ジャパン(米国法人MELSA International LLC) 代表
鈴木 郁斗
東北山形県出身。大学生・若手人材のキャリア支援事業を展開する㈱メルサ・インターナショナル・ジャパン(米国法人MELSA INTERNATIONAL LLC)代表。航空宇宙エンジニアからのキャリアチェンジ、海外起業家への転身、米国での4年間のビジネス経験を経て、現在は日米を拠点に、グローバルビジネスとIT分野における人材育成プログラムを展開。自身も大学生向けキャリア支援活動のファシリテーターとして、文部科学省G30採択大学をはじめ、多くの国公立・私立大学の学生のグローバルキャリア支援に従事する。

カラを破ろう!世界に出よう!

毎度勝手な持論を展開させていただいております、鈴木です。

海外研修を通して、視野を広げ、世界規模で自分の人生の可能性を切り開いてもらうための学生向け海外研修プログラムFestivo Global Challenge(presented by Festivo x MELSA INTL)まもなく公開!!

塚本氏VS(?)鈴木で延々と議論を続け、誕生した血と涙の結晶です(ToT)

さて、このプログラム、Global Challengeとは言ってもその目的は、「世界に通用するビジネススキル!」とか「国際会議で負けない交渉力!!」とか、そんなカッコいいものではなく、日本社会という狭い枠から出て、海外の社会人・学生と交流したり、未知との出会い、未知の環境の中で任務をこなしていくことで感性を高め、自分の中のいろいろな可能性を引き出してもらいたいというのがねらい。

学生さんとの関わりが多いお仕事の中で、「やりたいことがわからない、決まらない」という相談をよく受けますが、そんなことは当たり前じゃ!という話で、明確なゴールが見えている学生なんてよほどの天才でないとありえないと思うんです。やりたいことって、探すものではなく、様々な経験の中から抽出されていくものだと思うんですね。そこで、その“経験”を得るためのフィールドを海外で用意します。というのがFGCの発端なわけです。

日本国内ましてや日本の大学生のコミュニティ内の活動だけで完結して、その常識の枠の中に収まり、そのまま就職して日本社会だけの常識に染まっていくって考えた ら、こんなもったいない話ないと思いませんか?

世界はこんなに広いのに!!

ちょっと前に足を踏み出すだけで、そこにはいろんな感動との出会いが待っています。重要なのは、学生のうちにその一歩を踏み出せるかどうかということ。とにかく、細かいこといろいろ考えずに殻を破ってみて、そこからいろいろ考えてみようよ っていう話です。

当然、気持ちはあるけどお金がない・・・っていう学生さんもいると思いますが、お金がなくても、お金が溜まったときに効率よく海外に行けるように、まず は海外経験をした人からたくさん話を聞いてもらえるように、随時そういう機会を増やしていきたいと思います。

Festivo Global Challengeでは、日本人アメリカ人の数名のメンターが皆さんをナビゲートしますが、私鈴木もその1人としてお手伝いさせていただきます。 平凡なサラリーマンがなぜ海外起業を目指したのか、海外に出てよかったと思うこと、泥臭く山あり谷ありのアメリカ生活と4年間の会社経営で学んだこと、打たれ強いメンタルの育て方、そんな話が皆さんの勇気に繋がればと切に願っております。

-Festivo Global Challenge(FGC)について-
FGCは、アメリカの企業でのインターンシップ、様々な大学からの学生が集結し、東京とロサンゼルスを舞台にグループでミッションをこなす計3ヶ月(ロサンゼルス2週間)のベンチャー・ブートキャンプ、シリコンバレーやLAベンチャーを学ぶ視察ツアーなど、学生向けに企画するアメリカでの研修プログラムです。プログラムの公開は9月初旬の予定です。乞うご期待!!

お問い合わせ先
http://festivo.org/inquiry