サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

6月のfestivoRookies、活動を始めた学生もちらほら

6月23日に行われたfestivo Rookies。今回は、アメリカやアジア各国でビジネスをしてきた経験者が多かったこともあり、国際的な話になりました。

日本の数年後の未来といわれるアメリカの”学歴社会”について、その現状と原因を話しました。なぜ学歴社会になるのか、その原因になにがあるのか、では日本はどうか?その為に今何を学生はやるべきか。アメリカで10年にわたりビジネスをしてきた方、アメリカに居住されていた方の知見はとても学生には新鮮だったのではないでしょうか。

 

また、”就職”か”起業”かではなく、起業を将来的に見据えつつ就職するという選択肢や、就職だけに固執しない生き方についてもディスカッションが行われました。要は全ては目的に対する手段でしかなく、どちらかをとる・・・というよりはその時々で選択できる視野、手段を持つことが大切だと感じます。

 

festivo Rookiesは、はじめてまだ3回目ですが、様々な行動を起こし始める学生が複数いるなど、とても面白い場になってきているなと思います。

 

来月は13日。festivoアンバサダーの谷口美咲さんが企画し、さらに学生の今にフィッティングした形でパワーアップ。

起業家も、今話題のノマドワークでかなりの収益をあげられている方をお呼びし、その苦労や実際の行動等を皆さんとシェアします。

 

興味のある学生は、ぜひ参加下さい。
7/13(土)festivoRookies東京「起業家と考える今後の働き方」@中野【学生向けfestivo】