サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

【festivoよろず相談05】い、一年後!?助成金っていつ振り込まれますか?(WEBデザイン Iさん)

今日のよろず相談は、夏ごろに起業を考えているWEBデザイナーのIさん。資金が無い為創業にあたって助成金を利用したいようですが、いつ振り込まれるのか知りたいとのことでした。助成金はいつごろ手元に振り込まれるのでしょう?2~3ヶ月後くらい??


助成金が振り込まれるのは、助成金の種類にもよりますが基本的には対象となる助成金の期間が終了した後に、振り込まれます。そのため、遅いものですと1年後ということも考えられます。助成金、補助金といわれているものは、まず対象とする事業の計画を提出し、受理または採択を行政機関から受けます。

 

その計画を進めていき、計画を進めた結果の内容を助成金・補助金交付の申請書として提出します。それから行政機関の審査があり、計画と相違なく進められたものに対して交付決定がなされる、というスケジュールで進みます。

 

助成金・補助金を初年度の資金繰りとしてお考えの場合、交付決定がされなかったときは資金繰りに非常に困ることになりますので注意が必要です。

 

事業計画を立案するときはスケジュールに気を付けながら行うことが肝心です。

 

助成金対象の事業計画が受理されても、無計画に進めれば交付がなされない場合もあるんですね・・・

 

スケジュール感を把握し、確実に助成金を得て事業に役立てる為にも、一度専門家に問い合わせてしっかりとプランニングした方がよさそうです。・・・ものすごくとっつきにくいですし。助成金申請・・・

 



【festivoよろず相談募集】 
festivoでは、無料のメール相談を実施しています。自分の場合は大丈夫かな?と思った方はぜひfestivoへご相談ください。festivoが専門家と連携し、おおむね3日営業日以内を目処に無料で回答差し上げます。 

無料相談連絡先:business[at]yen-japan.com 

※その他、festivoでは様々な相談に無料でご回答いたします。本件にかかわらず、お困りごとがあればご相談ください。festivoは起業を考える皆様の失敗の芽を、事前に少しでも解決できればと思っています。