サポーターズコラム

 代表取締役 高木秀祐
シュート株式会社 代表取締役
高木 秀祐
高木秀祐です。座右の銘:一期一会 どうぞよろしくお願いします!ITビジネスコンサルティングとハンズオン・ベンチャーキャピタルの仕事を10年経験してから35歳で独立という転機を迎えました。起業をして、シュート株式会社の代表として、新規事業の「芽」を育てています。現在38歳。ワクワクファウンダーという肩書を名乗り、ワクワクする会社と社員を増やしワクワクする社会をデザインすることがミッションです。

「もう少しそこを詳しく!」新しい事業を作る日々はエキサイティングの一言に尽きる。ただし、エキサイトしすぎは・・・

 

そんなに時間を削って、ベンチャーに取り組んだり、新しい事業を始める醍醐味は何ですか?

 

ベンチャーに関心がある学生や、30代後半で既存事業に飽きてきた人から、時々、聞かれます。

確かに、ベンチャーに取り組んでいるとき、その労働時間は時給にするとマックのバイトより安いかもしれません。

 

それでもベンチャーや新規事業に取り組みたい!と思うのは、「事業をデザインする過程で、投資家やお客様とディスカッションしながら手がかりを追求していく事」がとてもエキサイティングだからです。

ドキドキ!

ワクワクします!

 

投資家やお客様とディスカッションする際、私は常に次の三点を考えるようにしています。

 


=======

1、なぜ今やりたいのか?

2、なぜ今やれるのか?

3、なぜ今やらなきゃいけないのか?

=======

 

 

実際に、投資家やお客様、上司、部下、友人から、常に質問されてきたことです。

この質問に対して、フェアな意見を述べることができないと、投資も承認されませんし、提案は却下されます。

 

私は若い時から、多くの提案を立て続けに却下されてきました。(もちろん今でもあります。)

そうした芳しくない時は、どうしても「怒っている」ような感情が表に出てきてしまいます。

 

「矢継ぎ早に問いただすだけで、理解しようとさえしてくれなかった。」

「なぜこの大きな可能性、メリットが見えないんだ?」

 

相手も、決してアイデアを否定しているわけではなく、

興味を持ったからこそ、疑問をぶつけてくれたのに・・・

 

つまり、私は自分のビジョンに興奮しすぎているのです。

 

プレゼンテーションを行う前に、先方の疑問に答えられるように、自分の事業プランをもっと冷静に問い続けておくべきだったんです。

前述の三つの質問はもちろん、プレゼンする相手、お客様など、相手の観点で事業プランを考えておく必要があったのです。

 

未知のアイデアが突然目の前に現れると誰でも最初は混乱します。

だから、本当はそのアイデアに感動していたとしても、口では思わず辛口になってしまう人もいるでしょう。

 

そういうふうに前向きに捉えて、どんな辛口のフィードバックでも怒らないようにしています。

辛口なことを言ってくれるのは、自分のアイデアに対して、一瞬でも本気で考えてくれた証拠だと思うからです。

 

(おまけ)

私が起業家候補の方と話す時は、一通り聞いた後に、

「やりたい意思が強ければ理由がうまく話せなくてもやればいいと思う」と伝えます。

起業すれば毎回聞かれるし、聞かれるうちに自分が潜在的に持っている気持ちをうまく説明できるようになっていくと思います。

 

2012年11月4日(日曜) 午前