サポーターズコラム

 代表 菊地亮太
essentia 代表
菊地 亮太
こんにちは。essentia代表の菊地亮太です。 大手百貨店・食品スーパーでキャリアを積んだ後に独立しました。 持ち前の「感性」と、経営「理論」を掛け合わせたコンサルティングを強みとしております。 心理学を活用したBtoCマーケティング・組織マネジメント、地域資源商品化、地域活性化が得意分野です。 私も一起業家として、まだまだ成長段階ですが、日々やりがいを感じています。 企業に当たってお悩みの事があれば、お気軽にお問い合わせください。

他社と違うことをする

差別化とは、他社と違うことをするということです。

このように言うと当たり前ですが、差別化のつもりが他社と同じ事をしているということはよくあります。


例えば、ブランド豚を使用したメンチカツは、そのブランド豚がこだわりであり、差別化要素です。

しかし、同じブランド豚を使用した商品はどこでも作ることができます。

仮にそのブランド豚を使用しているのが当社だけだとしても、他のブランド豚を使用した商品はいくらでもあります。

これでは、差別化になっていません。市場調査をしっかりとして、類似商品がないか研究することが大切です。

 


ブルーオーシャン戦略は、他社と違うことを考える上で役に立ちます。

ブルーオーシャン戦略の概要は、インターネットなどで詳しく説明されているので割愛します。

戦略キャンバスを描くことは、競合調査になります。

要素を「取り除く」「増やす」「減らす」「付け加える」ことは、他社との違いを明確に打ち出すことになります。

こうしたフォーマットを活用して、効率的に考えることは大切です。