サポーターズコラム

 代表理事 塚本貢也
一般社団法人festivo 代表理事
塚本 貢也
1978年熊本生まれ。日立を経て、2006年より若手支援を開始。2011年、一般社団法人festivoを創業。80,000人を超える起業家コミュニティfestivoを運営し様々な支援事業を展開する。festivo関連のイベント参加者は年々増加しており、年間5,000人を超える起業家・起業志望者が集う。個人の活動としては毎年1,000名を超える起業家・起業志望者・士業の方々と交流し、大企業での海外駐在やマネジメント、スタートアップや一般社団法人での起業、VCやクラウドファンディングからの資金調達や銀行からの融資、雑誌・新聞・WEBメディアやTVへの露出、上場企業をはじめとしたさまざまな企業との事業提携など実績多数。10年以上起業シーンに携わり、売上げ0から1億円程度までの立ち上げを得意とする。直接的にも顧問や社外取締役等30社以上(2017年4月現在)に参画中。

クラウドファンディングで個人の力をエンハンス!・・・私も挑戦してみます!

以前のKickstarterの記事でも書きましたが、現在のクラウドファンディングの勢いは非常に魅力的です。


Kickstarterでは累計で216億円もの資金調達がなされている模様(下の画像のPebbleは8億を調達しています)。

 

Pebble

 

個人が支援者からの資金でサービスを開始できる。

また、資金調達・製造のリスクを取る前に市場ニーズを探る事が出来ることは、これまでにない画期的な事だと思います。

さらには、これらのクラウドファンディングを使えば、ローンチ前に非常に多くの人の目にとまり、強い宣伝効果もあります。

そして参加費用は無料で、成果報酬10~20%が相場のようです。

 

国内最大のクラウドファンディングプラットフォームであるキャンプファイヤーでは、昨年の6月からの成立案件だけでも6000万円以上の支援が集まっているとの事。

 

最近は、3Dプリンターなどを使って個人が簡単に製品をデザインし製造できたり、facebookなどで世界中に情報を発信する事が出来るようになりました。

個人的にはこの流れには強さを感じます。

この流れを体感したい!

 

・・・ということで、近日私もクラウドファンディングに挑戦してみます。

お楽しみに(笑)

 

いよいよ本格的に、個人の力が世界を動かす時代に突入したのかなと思っています。

 

ワクワクしません?(笑)