サポーターズコラム

 代表取締役 はるにゃん
株式会社C&O 代表取締役
はる にゃん
株式会社C&Oの社長のはるにゃんだよー! C&Oと書いてカンドーと読むよ。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚ ISO9001・14001のコンサルティング、 美容機器の開発、 エステサロンの展開 をメインにやっています! 家電チャンネル・ガジェット通信・アメーバニュースなどに 記事を書いているので、どこかで会ったことがあるかもね★ サポーターズコラムでは 私が未経験で起業して思ったことなど 「本には書いてないけど新しい起業家さんに 知って欲しいな!」 と思うことを一言コラムとして発信します♪ 短いけど「10へぇ」貰えるように頑張ります! Ωヾ(・∀・` )ヘーヘーヘーヘーヘーヘー 【工学部卒】【メイン研究テーマ→宇宙飛行士の無重力下での筋力低下を防ぐ装置の開発】【面白いものが好き】【通称ゴスロリ社長】【決めゼリフ→ココ・シャネルが女性をコルセットから開放したように、はるにゃんは女性を化粧から開放します】

製品完成した♪ぎゃ!営業どうしよう(」゚ロ゚)」

若手起業家の多くは初めから社員に仕事を任せる

というよりは初めは自分の持てる力で製品やサービスを発明してリリースする

っていう形だと思うの。はるにゃんも実際そうだし(´∀`*)

 

で、起業1年3ヶ月してようやく気付いた(゜∇゜;)

発明家、というか技術屋は営業が苦手。

案外なんとかなるかなーとさっさと発明し、最初の発明(ISOコンサル)は

紹介でなんとかなっていたのでナメきっていました。

今回の発明(エステマシンの開発)は独自で販売ルートを築けない、築き方が分からない。

発明する際は営業の方法も考えておいたほうが良いよ(´・ω・)

ソフトやサービス(コンサルとかね)の発明だとマイナスは大きくないけど

ハード(機械とかガジェットとかね)の発明だと初期投資がかかる分早めに回収しないと経営に響く。

完成したらすぐリリースできるように営業の方法を考えていた方が

というか営業のシミュレーションをしていたほうがいいです。

ちなみに苦肉の策というか、営業ではハードの良さが分からないので

1年かけて築いた人脈を活用してお披露目会でもやってみようかと思います♪